顎ニキビケア〜大人と思春期顎ニキビケアとの違いとは?

顎ニキビケアの違い

<顎ニキビケアの概要>
ニキビは思春期だけのものだと思うのは大きな間違いです。大人になってもニキビに悩む人は多く、特に大人のニキビは顎に繰り返し出てきてしまうのが特徴です。これは、思春期の頃と大人の顎ニキビのできる原因が違うためです。もちろん顎ニキビケアも違ってきます。
思春期顎ニキビと大人顎ニキビの違いとはどんなものなのでしょうか。
思春期の顎ニキビは皮脂の分泌量が多すぎることが原因です。皮脂の分泌量は男性ホルモンの影響を大きく受けているのですが、女性であっても男性ホルモンが分泌されています。特に生理前になると男性ホルモンの分泌が活発になるため皮脂が多くなり、顎ニキビができやすくなってしまいます。
顎ニキビケアとしては皮脂対策、つまり幹部を乾燥させることがメインになります。

 

それに対して大人の顎ニキビは乾燥が大きな原因です。顎周りのUゾーンは皮脂の分泌が多いのですが汗腺が少なく、乾燥しやすいという特徴もあります。皮脂は肌に必要な水分が蒸発してしまうのを防ぐ働きがあるのですが、乾燥肌の人は水分の蒸発を防ぐために皮脂の分泌が必要以上に活発になってしまっています。そのため、ニキビができやすくなってしまっているのです。乾燥は肌の柔軟性もなくしてしまうため、毛穴に角質が詰まりやすくなり、顎ニキビが発生しやすい状態になってしまうのも大人ニキビが顎にできやすい原因になります。さらに肌のターンオーバーが早まってしまうとまだ肌を守ることができる力のない細胞が肌の表面に来てしまうため、肌の水分が余計に蒸発してしまうので皮脂をたくさん出して顎ニキビが発生してしまって…というサイクルを繰り返してしまっています。
そのため、大人の顎ニキビケアで重要なことは、しっかりと肌の保湿をすることになります。肌の保湿ができれば余分な皮脂が分泌されることがないため、毛穴も詰まりにくくなり顎ニキビができにくくなります。そのためにはまず洗顔のし過ぎはやめるようにしましょう。「ニキビができている=皮脂が多い」という思春期ニキビの知識のままで洗浄力の強いものを使ったり、ゴシゴシと肌を洗ってしまうのは必要な皮脂まで洗い流してしまってさらに皮脂の分泌を多くしてしまう結果になるため、優しい洗浄力の洗顔料を使って綺麗に洗い流します。その後、化粧水でたっぷりと水分を補給する顎ニキビケア。そして重要なことはニキビだからという理由で避けてしまう人も多い油分の入った乳液やクリームを使って染み込ませた化粧水が蒸発するのを防ぐようにしましょう。必要な皮脂が不足してしまうと皮脂の分泌量が増加してしまうため、保湿のためにはある程度の油分も必要です。
大人の顎ニキビではしっかりとした保湿が顎ニキビケアの要となります。